読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

everyday

愛知県の主婦の日常雑記

六拍子はずるい

 六拍子って名曲ばかりなんだよね。なんなの。

 有名どころで、

When a Man Loves a Woman (Michael Boltonがカヴァーしたやつ)
Kiss of a Rose (Seal)
I Put a Spell on You (Creedence Clearwater Revival)
Get It While You Can (Janis Joplin)
No One But You (Brian May/Queen
)
House of a Rising Sun (The Animals)

 ほかには、

Your Love is King (Sade)
Crazy (Aerosmith)
罪と罰椎名林檎
グッド・バイ・マイ・ラブアン・ルイス

 マイナーなところで、

Aphasia (Europe)
Seven Sundays (Extreme)
Untitled (De ‘Angelo)
エンジェルベイビー(戸川純がカヴァーしたやつ)
夜のポストリュード(METROFARCE)
朝の流れ星(ライオン・メリィ)

 讃美歌の「おめでとうマリヤ」も六拍子かあれ?
 (既に私の六拍子の曲メモ)

 でもやっぱりWith a Little Help From My Friendsだろう。四拍子のリンゴ・スターのオリジナルより六拍子のジョー・コッカー版の方がずっと流通している。なんなんだろうねこれ。三拍子とも二拍子ともとれ、一小節の中で完結できる、安心できるリズムがリラックス感を呼ぶのかね。ギターのアルペジオがハマるとか。古くは「主よ、人の望みの喜びよ」とかあれ六拍子?ただの三連符の連なり?(落ちなし)

No One But You (Only the Good Die Young)

No One But You (Only the Good Die Young)

  • クイーン
  • ロック
  • ¥250