読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

everyday

愛知県の主婦の日常雑記

ロマンスカーEXEα

f:id:machik:20170325234936j:plain 昨晩無事に実家に着き、今朝は8時に小3息子と出発して小田急ロマンスカーに乗りに行った。
 小田急新宿駅の地上ホームでもう興奮する息子。購入済のロマンスカーチケットを見て番線を確認する。空色に輝くMSEが入ってくる。大喜び。顔、客車内、連結部、足まわりと順繰りに確認していく。「おかあさん、中もすてきだよ!」嬉しそうだ。清掃の人が入っていって、いっせいにシートが進行方向に回転し始めた。「すごい!」私も初めて見た、興奮した。柱の大型LED掲示板がわかりやすい。遠くでは通勤車両が往来している。ワイドドアの車体を目敏く見付ける息子。反対車線に入っていたEXEが出て行き、乗車するEXEαが入ってくる。また「すごい!!」銀色に光る車体。息子は電車を見分ける能力がすごいので、どこがどう違うのかをまくしたててくれる。漸くの乗車。新しい匂いがプンプンする。広い座席。いやーこれほんとうに410円の追加料金(相模大野まで)でいいの?と思わせる特急っぷり。「おかあさん、ぼくこの電車好きだよ!新しくてレトロで近代的!」電車への感想を持てる小3息子はすごいなあ、と思った。私は記憶は何かに寄せる癖があるので、見たものを見たまま記憶することができない。自分の興味が集中するものでない時はなおさらである。電車の顔は電車の顔だ。でも息子にとっては全て違う。違う種別、違う個体、全部に意味があるみたいだ。それを見分け、感想を持つことができるって、自分の息子ではあるが、自分とは違う人間だなあとほんとうに思って、うれしいのである。