読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

everyday

愛知県の主婦の日常雑記

エアポケットな日々

 中3息子が中3なのかどうかわからない。中学を卒業して、高校の入学式はまだで、奴は今ちょうどエアポケットにいる。3月末までは制度上たぶん中学生、ということはわかってはいるけど、なんかふわふわした身の上のままである。
 エアポケット、と言えば浪人の時だ。私は大学受験を決めたのが遅くて、その時点で一年浪人することにしたが、実は積極的に浪人してみたかった。「身分のない身分」になりたかったのだ。
 身分証明書を持たない、学生証は無効、何やってるの?浪人です、ただそれだけ。すごく自然人に近いんじゃないか?と思ったのだ。私の人生に大いに影響を与えたマンガの一つである『ダークグリーン』(佐々木淳子・著)で主人公の北斗くんの台詞にもあった「ねえ…俺たちは本来もっと自由なはずだよね…」何者でもない人間、になってみたかった。
 なってみてどうだったかはあまり覚えていないが、すごく自由だった気がする。肩に力入れずに済んだとゆーか。予備校は単科講習しか行ってなかったし、好きな時期までバイトしてたし、やりたい放題の浪人時代だった。ひどいもんだけどね。
 身分がない身分ってのもわりかしいいと思う。無戸籍なんかとは全くちがう意味でね。