読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

everyday

愛知県の主婦の日常雑記

sunday afternoon

 よく晴れた午後、久し振りに小3息子と自転車乗って少し遠くの公園へ。そこでばったり彼のクラスメイトと会う。クラスメイトが連れてた2年生の少年も一緒に、仲良く3人で遊ぶ子供達。ひと仕切り遊んで近くの別の公園へ移動して、帰ろうとしたらクラスメイトが「お父さんが5時に帰って来るまで家に入れないんだ」と。鍵を持っていないらしい。それなら、とうちで遊ぶことにして、子供3人と私で自転車で走る。wiiUをやるんだ、5時まであと45分しかない、と大急ぎで。

 うちまでの帰路は田園地帯。右も左も田んぼしかない。今はシーズンオフで、掘り返した土が黒く渇いている。
 「おれの自転車は3万円だぞ、お父さんが買ってくれたんだ」「ぼくのは2万8千円」何の自慢だか、そのうち3人は自転車を取り替えて走り始めた。「ぼくのは保険入ってるんだよ」とか世知辛い話を交えながら。
 田んぼの端っこに単線の線路が延びている。その線路沿いの道を、3人の子供が一列になって走る。夕方の鈍い日射しが自転車に反射する。その光景が、何にも代え難く見えた。

 その後うちでマリオカートで盛り上がりましたとさ